Shortlink

自分のよく利用する店で作るクレジットカード

クレジットカードの種類やサービスが増えてきていると言われています。入会費、年会費などがかからずに所有することのできるクレジットカードもあり、クレジットカードをすぐに発行してくれる即日発行サービスなどもあります。どこでカードを作って、どう利用するのがお得なのでしょうか。


頻繁に利用する場所で得するクレジットカード

クレカを作るときにポイントの還元率などだけを調べてしまっていませんか?クレジットカードは自分が頻繁に利用するお店などが発行している場合があります。このような場合は、そのお店のカードを所有するほうが得をする場合もあります。デパートとの提携を行っているクレカの場合は、カード決済にすることでキャッシュバックサービスを受けることもできるなど、カード会員限定のサービスがあることが多いからです。


年会費分が戻ってくることもある?

年会費がかかる場合、年間にいくら以上の利用、などの条件で、年会費分の商品券や年会費そのものが無料になるなどのサービスを行っている会社も多くあります。金額に制限などがある場合もありますので、その点の確認を忘れないようにしましょう。スーパーなどであれば、スーパーでの買い物分をクレジット決済にする、デパートであれば携帯電話の料金や公共料金などの引き落としにも利用することで、年会費分のキャッシュバックを受けることができるケースが多いそうです。

Shortlink

賢く利用したいクレジットカードの特典

クレジットカードの魅力といえばお金を持ち歩かなくていいこととポイントをためて商品などと交換できることですが、それ以外にも付帯保険や特典などといった魅力があります。特典は加入するだけでもらえる場合もあり、頻繁に使わなくても持っているだけでお得になるケースもあります。


<入会で商品券がもらえる場合も>

入会費や年会費が無料なクレジットカードでも商品券が貰える場合があります。加入して普段の買い物で少し利用すれば数千円分の商品券がもらえるといった場合もあり、頻繁に使わなくてもお得です。これらの特典は変化することもあるのでカードを選ぶ時は確認してみましょう。ゴールドカードは特に商品券などがもらえることが多いようです。


<ポイントやギフト券など特典多数>

商品券以外にもそのカード会社のポイントやギフト券が多くもらえる場合があります。こうした特典を上手く使えば非常にお得になるので、クレジットカードを持つことを考えている場合はぜひ注目してみましょう。ポイントはクレジットカードの年会費に充てることができる場合があるので、年会費が気になる方にはそういった使い方もできます。これらのポイントはカードのグレードが高いほど充実する傾向にあります。

Shortlink

クレジットカードの保管の仕方について

クレジットカードを持っている人も多くいますが、皆さんちゃんと管理することが出来ていますか?
お財布の中に常に入れて保管している人は、お財布を落としてしまったりバッグを奪われたりしないよう気を付ける必要があります。
一番良いのは肌身離さず持つことですが、なかなか難しいですよね。
ですから、暗証番号などをしっかり覚えていざという時の為に備えておくことが重要になってきます。


クレジットカードを電化製品に近づけてはいけない

クレジットカードは電化製品に近づけたりしないように注意して下さいね。
カードの裏面に黒いストライプがありますよね、それは磁気ストライプなので電化製品に近づけてしまうと磁気がおかしくなってしまいます。
また、その部分を傷つけたり汚したりしないように気を付けてもらえればいいですね。
へたをすると、そのクレジットカードが利用できなくなってしまいますから、きちんと管理するようにしましょう!


デザインが増えてきている?

最近は、クレジットカードのデザインが少しずつ増えてきているので、素敵な一枚を見つけることが出来ます。
おしゃれなデザインのものもあれば、キャラクターをデザインしているカードもありますから、自分の気になったものを見つけて、どのようなメリットがあるのか調べてみるのもいいですよ。

Shortlink

クレジットカードでJCBを選ぶ

日本のクレジットカード会社といえばJCBです。JCBはJapan Credit Bureauの略で、日本の会員数は約8000万人といわれています。トリコロールの緑は旧三和銀行、赤は旧日本信販、青は旧東洋信託銀行の企業の象徴色を採用したそうです。


<JCBの特徴について>

JCBはT&E(Travel and Entertainment)といって、日本国内において娯楽や旅行などの楽しみに重きを置いたクレジットカードです。娯楽や旅行先での加盟店舗が多い、JCBカードを持っているおかげで特典が受けられるなどのメリットがあります。他方、買い物重視のクレジットカードはVisaやMasterCardですから、それぞれの利点を生かしながら複数枚カードを持つとかなり生活が便利になりそうです。

JCBではOki Dokiポイントプログラムというポイントプログラムがあり、ディズニーグッズやバラエティー商品など以外にもamazonポイントや保険などにも換算できます。多彩な商品が揃っているので、ポイントを集めても交換したいものが見当たらないという事態に陥らずに済みますね。そして東京ディズニーランドのオフィシャルスポンサーですので、ディズニーランドに関する特典が多いのも特徴です。同時にキザニアのスポンサーでもありますので、お子様がいる家庭では1枚持っておいてもいいかもしれません。

Shortlink

クレジットカードはアルバイトでも持つことが出来ます

クレジットカードはアルバイトでも持つことが出来ますので、お考えの方はぜひ。
そういっても条件がありますので、確認しておきましょう。
満20歳で安定した収入を定期的に得ている方や安定した職についている方でしたら、アルバイトの方でもクレジットカードを持つことが出来ます。
もちろん、この条件を満たしているのならパートの方でも持つことが出来ますので、いざという時の為に持っておきたいという方にはとても良い情報なのではないかと思いますが、皆さんはどう思いますでしょうか?


クレジットカードは年会費無料のものがある

クレジットカードの中には、年会費が無料のものもありますので、初めて持たれる方やいざという時の為にという方にはこちらがお勧めです。
ご自分が利用されない限りは料金が発生しませんので、安心してお持ちいただくことが出来るかと思います。
年会費というものは少しずつ積み重ねていくと金額も高くついてしまいますので、無料だと嬉しいですよね。
普段からクレジットカードを利用する方でしたら年会費を払っても良いかと思いますが、あまり使わないのでしたら年会費は避けたいですよね。


審査は何を確認するの?

クレジットカードを発行する際には審査が必要になってきますが、一体何を確認しているのでしょうか?
それは年齢や住所・勤務先や年収について、他にも他社から借入などをしていないかブラックリストに載っていないかなど確認するみたいです。
余程のことが無い限りは比較的多くの方が大丈夫だと思いますが、心当たりにある方は気を付けるようにして下さい。
すでに他社から借入をしている方は、そちらを先に済ませてしまうのが良いかと思いますよ。